脱毛ラボ 飲酒

脱毛ラボで施術直後の飲酒はNG!お酒と体の関係!

脱毛サロンに通う時には、いくつか注意することがありますが、中でも脱毛直後の飲酒は、絶対にNGとなっています。
これは、飲酒によって体温の上昇と発汗が関係します。
脱毛直後の体は、熱が肌にこもっているため、
この状態で飲酒をすると一層熱がこもってしまい、
赤みやかゆみ、痛みなどがでたり、炎症が起こることがあります。

 

また、体温が上がるだけではなく、汗もかきやすくなってしまいます。
特に脱毛食後の肌は、デリケートな状態ですから、発汗が原因となって、
毛蓑炎という炎症を起こす病気になる可能性も高まります。

 

また、施術後だけではなく、施術前の飲酒も控えた方がよいでしょう。
アルコールが体内に残った状態では、体はアルコールを分解しようとし、
予定外のエネルギーを使ってしまいます。このエネルギーの消費は、
免疫力の低下につながり、肌の炎症といった肌トラブルをおこしやすいといえます。

 

脱毛ラボの施術方法は、
皮膚表面には何の影響もない光を脱毛機器から照射して、
皮膚表面から3〜5ミリ程度にある毛根部分の毛を生成する
毛母細胞の黒メラニンだけが反応し、脱毛していくという方法です。
施術当日は、毛穴が開いた状態ですから、
毛根部分は焼き切るのと近い状態で、非常にデリケートな状態となっています。

 

また、飲酒をすると、血中アルコールが高まり、
発汗作用を促してしまいますから、赤く腫れ上がったりすることがあります。
飲酒と同様に、予防接種でも、
血液の流れを活発かさせて新陳代謝を、促進させてしまう効果がありますから、
施術当日の飲酒は辞めた方がよいでしょう。

 

施術前に飲酒をしてしまうと、施術中に気分が悪くなったり、
肌が過剰に反応して熱くなったりすることがありますし、
脱毛後は、体温が上昇してしまい、乾燥してしまう可能性があります。
脱毛中の肌の乾燥は、脱毛効果を低下させてしまいますから、
できればお酒は、翌日以降に摂取することをおすすめします。

 

脱毛ラボの予約|超速No.1の全身脱毛を徹底解説!予約ならココ!