脇脱毛 汗 ワキガ

脇脱毛したら汗が増たりワキガになるって本当?

脇脱毛を行うとワキガになるのでは?
と心配になる話も聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

実は、ワキガの原因になるのは
アポクリン腺というところから分泌される汗なのですが、
普通の汗とは違うものです。
普通の汗は水分が99%を占めていて、匂いはありません。
しかし脇部分の汗は脂質やたんぱく質などが含まれているうえ、
脇に生息している雑菌の餌になってしまうためワキガになってしまうのです。

 

脇脱毛は本来、毛穴が引き締まるものです。
アポクリン腺が毛穴に沿って点在しているため、
脱毛を行うことでアポクリン腺の働きを弱めることができると言われています。
そのため毛穴付近に雑菌が生息しづらくなってしまうため
脱毛を行ったことでワキガになりにくくなると言われています。

 

しかし、中には脱毛を行ったことでワキガが気になるようになったという声もあります。
これは、実際には分泌量は以前変わらないのに、
今まではムダ毛に溜まっていて肌に感じることがなかったのに、
ムダ毛がなくなってしまったため脇部分の肌が汗を敏感に感じ取るようになってしまいがちです。

 

「汗が出る=ワキガ」と思い込んでしまい
焦ったことでさらに汗の分泌が過剰になってしまって焦る、
という悪循環も理由の一つだと言われています。

 

脇脱毛を行った後が気になるようなら、清潔にするようにしたり、
デオドラントスプレーなどを利用することでワキガは気にならなくなるのではないでしょうか。