自己処理 色素沈着 埋没毛

自己処理で発生する色素沈着と埋没毛とは?

 

体中に生えているムダ毛をサロンで
高いお金を払って処理してもらうのはもったいないからと、
安易に自己処理に走るのは危険です。
なぜ、よくないことだと言えるのでしょうか。

 

まず埋没毛ができやすくなるという事が指摘できます。
埋没毛は毛抜きでムダ毛を抜くと起こりやすいのですが、
皮膚の中で本来なら外に出るはずのものが、発毛してしまうことを言います。
見た目は黒いぶつぶつがたくさんできてしまったようになりますし、
さわるとボコボコしていて不快感があります。
この埋没毛に雑菌が入り込んで炎症が起こると赤くはれたり、
化膿したりすることもあります。

 

色素沈着も嫌なものです。
なぜ紫外線を浴びたわけでもないのにムダ毛の自己処理だけで、
色素沈着になってしまうかと言いますと、
これはメラニン色素が刺激から肌を守ってくれようとしているからなのです。
カミソリや毛抜きで自己処理する時に痛みがあるくらいですから、
当然強いダメージを肌は受けています。
メラニン色素はそれに反応して活性化するのです。

 

アフターケアとやり方をうまく調整することで、ある程度はダメージを抑えられますが、
そのまま自己処理を続けていると、色素沈着と埋没毛が増えることになりかねません。
脱毛前の肌にダメージがないように冷却ジェルを使ってくれたり、
アフタージェルで保湿をしっかり行って
美肌対策も万全に行ってくれる脱毛サロンで処理してもらった方が安全ですし、
外見上もメリットが大きいのではないでしょうか。

 

また、色素沈着や埋没毛だけでなく、
自己処理はその他に分かりやすい肌トラブルでいえば、
肌荒れなどの原因にもなりますので、
やはり脱毛サロンなどでムダ毛の処理をした方が、
今後の肌のことを考えても得策なのです。