脱毛 日焼け 脱毛サロン

日焼けしたときは、脱毛サロンに通ってはダメ!

脱毛を専門的に行っている脱毛サロンでは
日焼けしている肌に施術を行うことをお断りしているところが多く、
日焼けしにくい日差しが弱まる季節に受けることを進める店舗もあるほどです。
それだけ日焼けが良く無い理由は、いくつかあります。

 

日焼けした肌は、皮膚も内側の細胞もかなりダメージを受けており荒れた状態です。
乾燥も進んでおり、そうしたダメージがある肌にさらに刺激を加えることは強い痛みを生じさせるだけでなく、
場合によっては炎症を引き起こしたり色素が沈着してしまうことがあります。

 

脱毛サロンで用いるマシンは、毛のメラニン色素である黒色に反応するようにできているものがほとんどです。
肌の黒色と識別することができませんから、
普段は照射しない範囲にまであたってしまうことがあるので施術ができなくなります。

 

毛周期に合わせて何度か施術を受ける必要があるため、長期的に注意するように心がけます。
万が一日焼けしてしまった場合には、肌の色の黒さがどれくらいになっているか確かめます。
ほんの少しだけ色が変わった程度であれば施術を受けることができますが、
浅黒かったり赤く腫れあがっている状態では脱毛できません。

 

一部の脱毛サロンでは毛周期の休止期に毛穴にアプローチする脱毛マシンを持っているところがあり、
そうした特殊な装置の場合には肌の色に関係なく施術できる場合があります。

 

二回目以降の施術の際に肌の色が黒くなりすぎて受けることができなかった場合、
次に受けるまでの間隔があきすぎて最初に受けた意味がなくなってしまうことがあります。
適切な間隔で次の予約が取れるように脱毛サロンでも配慮しているのですから、
その間隔がずれてしまうことが無いようにします。

 

脱毛していて強い痛みを感じたときには火傷してしまっている可能性があるため、
すぐに施術スタッフに申し出て中止し冷やすなどの対応を行うべきです。
痛みが軽減するように肌を冷却するなどして施術が行われていると、
その場で火傷に気づかない場合もあります。